ギャラリー モーニング 現代アートをリビング空間へ。アートのセレクトショップ 
Exhibition sales of Contemporary ART


updated 2017-03-01
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


HOME > 2010展覧会 > 20th.美崎慶一展 Misaki Keiiti Exhibition

Misaki Keiichi Exhibition


botanical garden(植物園)oil on canvas 2010 F30 ¥84,000

Stray goldfish(野良金魚) oil on canvas 2010 M20 ¥52,000

taxi(タクシー) oil on canvas 2010 F20 ¥52,000

doghouse(犬小屋) oil on canvas 2010 S20 ¥63,000

Wild boar's river (イノシシの川) oil on canvas 2010 F100 ¥210,000

Coconut ice cream (ココナッツアイス) oil on canvas 2010 F4 ¥21,000

4 mile beach(フォーマイルビーチ) oil on canvas 2010 P30 ¥84,000

Honokaa town(ホノカアタウン) oil on canvas 2010 P25 ¥63,000

mongoose(マングース) acrylic on canvas 2010 M25 ¥63,000

Parker Ranch(パーカー牧場) acrylic on canvas 2010 SSM ¥18,900

It is peaceful somehow. (なんとなく平和) acrylic on canvas 2010 M3 ¥21,000

美崎慶一展 Misaki Keiichi Exhibition

11月9日(火)〜28日(日)月曜休廊・日曜日5時まで

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここ数年の制作は、1つの画面を、色彩や光などを捉えた「写実的描写」と、即興的・感覚的な「ドローイング」の2つの表現。そして「余白」の要素で構成しています。


2つの異なる視点が1つの画面の中で対峙し、そこに生まれる2つの視点のズレ・間から、作者が対象物と向き合ったときの感覚を、際立たせる試みです。


フレームで切り取られた風景ではなく、印象や感覚、空気感などのあいまいな要素を画面に定着させる取り組みといえます。


写実的表現の部分に、光や色彩・場面を観てとり、線描に作者の眼や感覚を感じ取り、余白部分を観る人が補うことで、切り取ってきた風景の確認ではなく、感覚的な視覚体験を再現・再構築することが目的です。


記憶していた場面を思い出す…という行為に似ていると思います。

                                  美崎慶一
















over the rainbow.(虹の向こう)
oil on canvas 2010
F10 ¥42,000

gallery morning kyoto
20th. Exhibition


今回の作品は、2つのテーマで構成しました。


1つは、作者の生活圏近辺のごく日常のなんでもない風景をいかに絵画として成立させるか…という試みと、旅行先のハワイ島での非日常の世界の、非日常的な…物語的ともいえる感覚を表現する試みの2つです。


1990年
京都市立芸術大学 卒業
美術学部美術学科油画専攻

→主な作品