ギャラリー モーニング 現代アートをリビング空間へ。アートのセレクトショップ 
Exhibition sales of Contemporary ART


updated 2017-03-01
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


光景
岡林真由子 Okabayashi Mayuko トモウエスギ Tomo Uyesugi
奈良田晃治 Narada Koji 森本麻里 Morimoto Mari

岡林真由子 Okabayashi Mayuko トモウエスギ Tomo Uyesugi 森本麻里 Morimoto Mari

トモウエスギ Tomo Uyesugi 奈良田晃治 Narada Koji

岡林真由子 Okabayashi Mayuko

岡林真由子 Okabayashi Mayuko 奈良田晃治 Narada Koji

岡林真由子 Okabayashi Mayuko 森本麻里 Morimoto Mari

「家・IE」展 2010













フダンの視線、
いつも見ているモノ
過ごしているジカンから生まれる表現


コンパクトデジカメやケイタイが普及して、デジタル一眼の使い手も広がって
「ええやん」「あっ」と撮りたい衝動受けるもののなかからシャッターを押す対象を選ぶんじゃなくて、
液晶画面に映る対象を、なにげにシャッターを押す人たちが増えて
フツーの人が生涯に撮る写真の枚数もかつての写真家なみに多くなって


写実がどんどん楽しくなってきた
表現はテクノロジーに係わりながら変わってゆく


絵画も変わろうとしている。
何気ないもの、生活の一部に含まれる風景
いつも見ているもの
それを表現したいと思っても、絵では簡単なコトじゃなくて
その思いを伝えようとすると




筆力と個性が欠かせない






家、そしてIE。言葉はアーティストの表現衝動をどんなふうに揺さぶり
アーティストの表現は、見る人の気持ちをどう揺り動かすのか






情景・・・人の心を動かす風景や場面
光景・・・目に映る景色や物事の有様
二つの景色が「家・IE」という言葉の上で、重なり入り交じる


◆光景(後半:4月20日から5月2日まで)



●出展アーティスト・プロファイル
岡林真由子
トモウエスギ
奈良田晃治
森本麻里


◆情景(前半:終了しました)


●出展アーティスト・プロファイル
浅野真一
福村真美
美崎慶一




※最終日、5月2日、打ち上げを行います。アーティストとお話しになりたい方は、ぜひ、ご参加ください。夕刻より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浅野真一、福村真美、美崎慶一の作品、販売しております。

浅野真一 Asano Shin-ichi 新作3品

福村真美 Fukumura Mami 「午睡」

美崎慶一 Misaki Keiichi「集合住宅」20号

浅野真一 Asano Shin-ichi かりん三つ キャンバス・油彩

福村真美 Fukumura Mami 「午睡」キャンバス・油彩

美崎慶一 Misaki Keiichi「 住宅街」20号