ギャラリー モーニング 現代アートをリビング空間へ。アートのセレクトショップ 
Exhibition sales of Contemporary ART


updated 2017-01-21
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


上坂秀明展 KOSAKA Hideaki 11月3日(火) - 8日(日) 日本画





「塵山」




「ちりも積もれば山となる」という言葉の中には、「ちり、あくたの中からものが生まれる、いわば、秩序のないところから多彩なドラマを経て、モノとモノが出会い、新しいものを形作る」という物語が含まれているように思います。そしてそれは、細かい粒子で出来た小さな作業を積み重ね、出来上がっていく、日本画のことを表しているようにも思われました。


自分の内と外、全てを一気に捉えることはとても難しくても、見えないような小さな積み重ねを通して小石サイズの思考モデルをつくり、そのたくさんの小石を拾い集めて、すこしずつ大きな全体像を理解していく過程を経て絵を描いています。


今回は特に2011.3.11に起きた東日本大震災の津波の後の世界に生きる人々や、大昔から山で生活を送る人々など、人が厳しい自然をいかに捉えどのように生きていたのかというドラマをテーマに描きました。自然は複雑だから厳しく、そして美しい。複雑なことでもひるまずに向き合って、難しいからこそ描く意味があると信じています。


ちり、あくたのように、1つでも多く誰かの生きる上でのヒントがあれば、と思います。 上坂秀明

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








“Mountain of the dusts”
Hideaki Kosaka


“Pile of dusts makes a mountain”
This is a famous proverb in Japan; that can be said as “Every little makes a mickle”.

I imagine these words compromise a story of, “Somethings are born even from the dusts. The new things are pulled into shape by the encounter of few things, which was born in chaos and came through multicolored dramas”.
The story appears to be describing about Japanese-style painting; as only to pile fine granulous continuously gets to somewhere.

Even if it is difficult to understand inside and outside world of myself in one stroke, I make pebble size thinking model from extremely small experiences. I collect the sea of those pebbles to understand the whole image little by little to make my paintings.

This time, my theme was to express the dramas of “How humans has faced the nature, and how they have lived”; like people living in the world after the tsunami caused by the earthquake in 2011 and people who lives in the mountain from the ancient days.

The nature is complex, therefore hard and beautiful.
I believe there is a meaning bringing myself to face the complexity and making paintings precisely because it is not easy.

Like a tiny dust, I wish there is a small scent for everyone who is living.



「火を熾す」

CHIRIYAMA Drawing (gallerymorningkyoto ROOM2)

















































●履歴
上坂 秀明 KOSAKA Hideaki

1988 大阪府吹田市生まれ
2010 京都市立芸術大学 美術学部 日本画専攻 卒業
2011 Sydney College of Arts [MSA] 交換留学
2012 京都市立芸術大学 大学院 美術研究科 絵画専攻 日本画領域 卒業  
   遺跡発掘作業員 
    京都市立芸術大学非常勤講師
2013 ギャラリーアクセス勤務

< INDIVIDUAL WORKS >
2011 「VIEW POINT」SCA INSTALLATION ROOM
2015 「塵山」ギャラリーモーニング

< GROUP WORKS >
2007 「WHERE TO START 展」ギャラリー倉
   「渦 展」大学会館
   「COMPLEX1」常林寺
2008 「SQWAT 展」小学校体育館
   「COMPLEX2」大学会館
2009 「日本画4回生展」学内大ギャラリー
   「COMPLEX3」工場跡地
2010 「CLASS」大丸心斎橋店 特選ギャラリー
   「日本画院生展」学内大ギャラリー
   「春季創画展」京都市美術館
   「秋季創画展」京都市美術館
   「お守り工房」学内小ギャラリー
2011 「ANALOG ・LOGIC」ギャラリーCAVE
   「日本画院生展2」
2012 「AA展」みやこメッセ  
   「ob展(夏)」@kcua
   「景聴園」同時大ギャラリー
2012-2013 「日本画の色」ギャラリー恵風/数寄和
2013 「第二回景聴園」みやこメッセ
   「神戸アートマルシェ2013:狩猟の森」神戸オリエンタルホテル
   「櫂」ギャラリーMEISEI
2014 「面白い技術」清閑亭
    「神戸アートマルシェ2014:1332」神戸オリエンタルホテル
   「櫂」ギャラリーMEISEI
2015 「第三回景聴園」 旧木下邸
    「櫂」ギャラリーMEISEI

gallery morning kyoto
159th. New Face Exhibition